人間は小さな存在だった

1週間ほど前ですが、大きな竜巻が7回も地面を叩きつけて色んなものを巻き上げでばら撒きまくっていました。

今まで経験したことが無いくらいの大きさで本当に怖い思いをしました。

日曜日の夜だったのですが、ベッドで休んでいると空襲警報のような(TVの中で聞いた)警報が鳴り響き始めました。

これは何か来るなと思い窓ガラスのない場所へと移動しました。

暫くするとピューピューっと言う大きな風の音が聞こえ始めて、耳に大きな圧力がかかり始めたと思ったらまた風の音が大きくなって停電、そして静かになりました。

外へ出てみると近所の人も外へ出ていて皆んなで停電の話をしていました

竜巻の後に見た雲はこちらの写真です。本当に不気味な雲でした。

しかし、実際はそれどころでは無いくらいの被害でした。

暫く電気は復旧しないだろうと思い近所のホテルへ行きました。部屋に入ってテレビをつけてみると愕然とするような光景がありました。

いつも行く近所のホームセンターが崩壊していました。

コンクリートでできているにもかかわらずかなり悲惨な状況でした。

ニュースで知ったのですが、私の住んでいる場所は竜巻の通り道だったのですが地面についた後、一度上がって通り過ぎてまた地面へ降りていったそうです。

そんな竜巻がいくつもあったんだとか…。

本当にこれは運なんだなっとゾッとしました。

次の日から、ほとんどの場所が危険地域に指定され通行止になりました。

道路に高圧電力の通った電線がなぎ倒されている状況だったので撤去するまでの間は危ないので立ち入ることは住民以外できませんでした。

近所には飛んできた屋根の一部があちこちに散らばっていました。

数日後、通行止が一部解除されて見た光景は、竜巻の恐ろしさを表していました。

立ち並んでいた住宅街の木々が無くなり崩壊した家が残されていました。

復旧するまでには、かなりの時間がかかるようです。竜巻の被害は保険会社が負担してくれるそうなので、保険会社は物凄い忙しさです。

幸運にも死者やけが人が出なかったと言う事ですから本当に不思議でたまりません。

広告

コメントを残す